畳ベッドの選び方

お洒落で便利で体にも良い!畳ベッドはとても利点の多いアイテムです。そんな畳ベッドの特徴や選び方をお伝えします。

引き出し収納や温度など、ベッドにはメリットがあります。

まず、はじめにベッドの利点を考えてみます。ベッドにはいくつかの利点をあげることができます。普通、ベッドには足がついていますから、ベッドによって高さは色々ですが、少なくとも、必ず床よりも高い位置で寝ることになりますし、高くなっているっことによって、下にスペースが生まれ、主に収納などに使われています。ベットの下についている引き出しは、衣服などを収納したりと、大変使い勝手が良く便利ですね。また、床よりも高い位置で寝るということは、冬は床に直接布団を敷いて寝るより暖かく、夏はエアコンで必要以上に体が冷えてしまうのを防いでくれます。

では、畳のメリットは?(自然の空気清浄機)

さて、次に畳の利点を考えてみます。人体に有害な物質のひとつに、「二酸化炭素」があります。この「二酸化炭素」についてですが、なんと、畳には二酸化窒素を吸着する効果があるのです。以外に知られていませんが、実験結果もありまして、畳のある部屋は畳のない部屋に比べて二酸化窒素の量が少なかったおいうことが証明されています。つまり畳は、天然の、そしてクリーンな空気清浄機であるとも言えるのです。

畳ベッドは、ベッドと畳のメリットを持っています。

欧米生まれである「ベッド」と、日本独自の文化である「畳」は、交わることが無い関係でしたが、交わることの無い2つが混ざり合ったことにより、両者のメリットを合わせ持った「畳ベッド」が生まれました。畳ベッドは、畳の利点もベッドの利点も、どちらも同時に得ることが出来る、大変便利で健康的なアイテムであると言えます。また、畳ベッドは高齢者の方が好みとして選ぶことも多く、長期間の使用であっても、マットレスのようにスプリングの一部分だけがへこむということもありませんし、畳ベッドの上に敷布団を敷いて寝ることも出来ますから、通常の畳で寝るときのように布団の上げ下ろしをしも不要、・・とくれば、介護用としても最適なベットといえます。

インテリア家具としての畳ベット

畳ベッドの素材としては檜や桐、あるいは松などの木材を使ったものが多く、和風のインテリアとしても、その重厚感がピッタリであるといえます。また、畳ベットから、普段敷いているマットレス・布団をどかした時に、琉球畳などの洒落た目を持つ畳や、特注サイズの一枚畳が見えると、和風家具としてのインテリアとして通用します。畳ベッドのそのような効果も考えて、デザインにこだわって選んでみるものよいでしょう。

畳マットレスもいかが?

畳ベッドと組み合わせて使うのにとてもよい、「畳マットレス」というのもあります。畳に使われる”い草”を使ったマットレスで、ちょっと横になりたいときの簡易ベッド、あるいはソファーなどとしても使えます。比較的軽量で、他の畳と比べると軽いため、持ち運びに便利nアイテムです。畳ベッドを置くス場所を用意できない、あるいは和室が無い家で、畳の部屋はないけれど、たまには畳の感触で眠りたいなどという人にお勧めです。また、お部屋を飾るインテリアとしても、和風ならでは落ち着いた雰囲気をかもしだしますよ。ソファー代わりにお部屋に置いてみてはいかがでしょう?

折りたたみ畳ベッドもありますよ。

畳ベッドにはには折りたたみ式の物も存在します。脚がついているものと、厚みのある畳だけを折りたたむしくみになっているタイプが存在します。脚が付いているタイプの畳ベッドは、普通のベッドと同じように、2枚の畳の真ん中から2つ折りに出来るものが多いです。簡単に移動ができるよう、脚にキャスターがついているものもあります。

シングルだけでなく、ダブルたセミダブルの畳ベッドもアリ!

普通のシングルだけでなく、セミダブルやダブルの畳ベッドもあります。フラットタイプでダブルなどの大きめの畳ベッドを置いて、それにヘッドレストなど付けず、畳ベッドの上に小物を飾り、まるで小さな和室のように使うのもオススメ。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017お役立ち!生活情報館All right reserved.
-気になる情報を掲載中です-