レコーディングダイエット効果

お金もかからず、手帳やノートさえあれば今すぐにでも始められるのがレコーディングダイエットです。また、その手軽さのわりに、レコーディングダイエット効果はかなりのもので、提唱者の岡田斗司夫さんが出したマイナス50キロという効果をはじめ、泉ピン子さんや、ドリームプレス社の中での森三中村上さんをはじめ、多くの芸能人もこのやり方で減量に成功しています。

手帳やノートがあればすぐ始められる、レコーディングダイエット効果とは。

手帳やノートに記録レコーディングダイエットといえば、自分の食べたものを手帳やノート、あるいはパソコンなどに記録していくダイエット方法で、その手軽さはもちろんのこと、確かな効果が反響を呼び、流行ではなく、すでに定番のダイエット方法として定着しました。
レコーディングダイエット効果は、このダイエット方法を提唱した岡田斗司夫さん自らが証明しています。かつての岡田斗司夫さんは体重が117キロという、かなり肥満体型で有名でしたが、このレコーディングダイエットの効果によって、1年間かけ、なんと50キロものダイエットに成功しました。
また、数々のダイエット方法を紹介していることでおなじみ「ドリームプレス社」では、森三中の村上さんをはじめとして、たくさんの女性芸人さんが、このレコーディングダイエットに挑戦して、その効果の確かさを証明しています。
他の番組では、特番「ピン子の時間2」において、泉ピン子さんがレコーディングダイエットを実行していたことを明かしました。それによると、4ヶ月の期間で、体重が63キロから48キロにまで減り、見後にレコーディングダイエット効果を証明してみせました。

レコーディングダイエットの効果的な進め方、考え方。

レコーディングダイエットを始める前に、提唱者である岡田斗司夫さんの考え方を頭に入れておけば、その効果をより早く体験できるかもしれません。
岡田斗司夫さんは、仕事をするみたいにダイエットの事を考えて進めていくと言っています。どういうことなのかと言えば、普通、仕事を進めていく時は、効率よく仕事を進めていくためにスケジュール表を書いておきます。レコーディングダイエットの場合は、最初にどうして自分が太っているのかを、食事内容を記録(レコード)していくことにより、原因を明らかにしていくことからスタートします。
そして今度は、1日の始まりに、仕事のスケジュールを立てるかのように、何を食べようかという行動予定を立て、今日一日これから何を食べるのかをあらかじめ大体決めておきます。仕事のようにレコーディングダイエットを進めていくわけですが、何しろ仕事ですから、きっちりその通り守るように行動します。
しかしながら、いきなりこのようにきっちりとレコーディングダイエットを始めようとしても、レコーディングダイエット効果を体験する前に、嫌になってやめてしまうかもしれません。最初はあまり意気込みせず、レコーディングダイエットを段階的にすすめていけば、気が付いたらそのダイエット効果が現れているでしょう。

レコーディングダイエット効果は、この方法でやれば体感できる。

レコーディングダイエットの基本的なやり方は、食べたものとそのカロリーを手帳やノートに記入していくことですが、その効果を早く体験するためには、あまりあせらず、3段階で実行していくと良いでしょう。
最初の段階として、その日1日に「食べたもの」「食べたもののカロリー」を手帳やノートに記入する共に、自分の「体重」「体脂肪」も書いて下さい。最初の段階では手帳やノートに記入するクセをつけることを第一の目標とし、最初からカロリーを意識しすぎないように進めていきます。
記入していく事が日常となったら、記録されたカロリーや食品目を見て、痩せるためにはどのような努力をすれば良いのかを考えるようにします。
そして最終段階として、まさに仕事をするかのように、レコーディングダイエット効果を体感するためには、どのくらいのカロリー摂取に抑えれば良いか、何を食べれば良いかを具体的考え、その枠内で食事をするように生活します。
とはいっても、レコーディングダイエットを進めていけば、自然にこのような流れができるようになりますし、例え今日は食べ過ぎたなと思っても、明日少なめにすればそれで大丈夫です。
厳しすぎるダイエットでは、その効果が現れる前に止めてしまいます。レコーディングダイエットはそのような厳しいダイエット方法ではありません、地道に進めていけば、レコーディングダイエット効果は、あなたの体にも現れるはずです。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017お役立ち!生活情報館All right reserved.
-気になる情報を掲載中です-