寒天ダイエットのやり方

寒天にはほとんどカロリーがなく、食物繊維が豊富で便秘解消効果や満腹感も得られますので、ダイエットにはとても適した食材といえるでしょう。「ためしてガッテン」や、かつての人気番組「あるある大辞典」などで取り上げられたのは、記憶に新しいところです。ここではそんな寒天ダイエットのやり方や方法を中心に、簡単なレシピや問題点なども含めて解説していきます。

寒天ダイエットのやり方とその効果は?

粉寒天は料理に使いやすくダイエットにおすすめダイエットには様々な種類の方法がありますが、食べ物によるダイエットでかなりの効果が期待できるのが、寒天ダイエットです。NHKの「ためしてガッテン」や、かつての人気番組「あるある大辞典」で取り上げられた直後は、寒天ブームがおきたぐらいです。この寒天ダイエットのやり方にふれる前に、どうしてこの方法がダイエットに効果があるかを、簡単に説明していきたいと思います。
まず、寒天それ自体にほとんどカロリーが無いという点です。ですので、カロリーがほとんど無い食べ物を寒天で固めてしまえば、それはもう立派なダイエット食品になります。そして寒天は食物繊維がたっぷりと含まれていますので、便秘改善といった効果まで期待できます。また、食物繊維は1gで100ml分の水分を吸収すると言われており、その分胃で膨張しますから、満腹感を得る事が出来ます。そして、寒天には糖と脂質の吸収を遅らせるという、ダイエットにはとてもあり難い効果を発揮します。
以上、このような寒天ダイエットの優れた効果を知れば、寒天ダイエットのやり方・方法について知りたくなることは間違いありませんね。

寒天ダイエットのやり方1、食前に寒天を摂取しておくと効果あり。

前項で軽く説明したとおり、寒天には糖分や脂質を緩やかに吸収するという効果があり、これがダイエットに威力を発揮します。ですので、寒天ダイエットのやり方のひとつとして、「食前に寒天を摂取しておく」という事をあげておきます。
通常、食事から摂取された食べ物の栄養分は、身体を動かすためのエネルギーとして、体内で脂肪、タンパク質、糖質の三大栄養素に分解・吸収されて、全身に送られていきます。
しかしながら、摂取した糖は全てがエネルギーになってくれれば良いのですが、余剰分は脂肪細胞となり、肥満の原因となていきます。しかし、寒天ダイエットで食前に寒天を摂取しておけば、その糖の吸収を緩やかにしてくれます。
寒天ダイエットのやり方に従い、寒天を食前に摂取しておくと、胃の中でゲル状になり、そのゲル状の寒天が糖質を包み込み、糖質は胃から腸へゆっくりと移動します。その結果、体内への糖の吸収スピードが緩やかになり、急激な血糖値の上昇を抑えるという効果を発揮し、当然ながら脂肪が蓄積されにくくなります。

寒天ダイエットのやり方2.、どうやって寒天を摂取するか、レシピなど。

寒天コーヒーゼリー寒天ダイエットは食前、できれば三食、無理なら朝夕の二食、それも無理なら夕ご飯に摂取するのが、ごく一般的なやり方です。しかし、寒天を摂取するといっても、粉寒天をただ飲むだけでは意味がありませんので、簡単なレシピとして料理に混ぜたり、寒天ゼリーを作ったりして摂取します。
レシピとも言えない様な簡単な方法は、100mlの野菜ジュースやコーヒーに対して、1gの寒天を溶かして飲みます。重要なのは溶かすことです。粉寒天を粉薬のように飲んでも全く意味がありませんので注意して下さい。寒天は溶かすのが基本ですので、温かい飲み物にいれてよくかき混ぜます。
簡単レシピとしてはゼリーを作る方法もあります。野菜ジュースに入れたい場合などは、温かい野菜ジュースは飲みにくいと思いますので、一旦沸騰させて寒天を溶かした後、冷蔵庫で冷やしてゼリーにして食べると良いでしょう。コーヒーも同じ要領でやれば、ダイエットに適したコーヒー寒天ができあがります。
また、味噌汁やお茶に入れるのもよくとられる方法です。
さらにレシピとも呼べない簡単な方法として、お米一合あたりに寒天を1g程度入れてご飯を炊きます。炊き上がるとご飯につやが出たり、甘みが増したりしますので、ダイエットというわけではなくとも、古いお米を炊く時にはおすすめの方法です。

寒天ダイエットのやり方は簡単ですが、問題点もあります。

良いことばかりの寒天ダイエットですが、実は問題点もあります。寒天ダイエットのやり方にしたがって食事をすれば、糖の吸収が緩やかになるという話は前項までにしましたが、実は糖以外にの栄養素についても、その吸収を阻害してしまいます。また、寒天はほとんどカロリーがないということで、寒天を使って満腹感を得ることを続けていると、ドガ食いの癖が直らず、リバウンドを呼び込む可能性があります。また、寒天は食物繊維だからといって大量に取ると、便秘が解消するどころか、逆に便秘がひどくなることも考えられます。これは寒天が、腸内水分を吸い取ってしまう可能性があるからです。
極端なカロリー制限で寒天ばかり食べるのも、栄養不足になりますし、その後間違いなくリバウンドしますのでやめましょう。
寒天ダイエットのやり方は、一食につき寒天1gを目安とし、1日に3g程度までを食前に摂取するようにしておきましょう。こういったやり方を守っておけば、寒天の問題点に当たる可能性も少なくなるはずです。

CopyRight 2017お役立ち!生活情報館All right reserved.
-気になる情報を掲載中です-