低炭水化物ダイエットメニュー

最近再び人気となっている、低炭水化物ダイエットについての解説をしています。ここではその食事についてのメニュー・レシピのご紹介や、低炭水化物ダイエットを成功に導く為の、効果的なルールについてなど、この方法にとりくむ方にとって役に立つ情報をわかりやすく掲載しています。

低炭水化物ダイエットメニューで、ダイエットを成功に導こう

低炭水化物ダイエットの食事メニューの例「炭水化物を控えた食事はやせる」、これはダイエットでは常識のようなものですね。もともとこの低炭水化物メニューでダイエットすることを提唱したのは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士によるもので、博士の考案した低炭水化物ダエット方法は、「ケトン体ダイエット」とも言われています。低炭水化物ダイエットのやり方・方法は、「低」という字のごとく、炭水化物を控えることが基本となりますが、低炭水化物のダイエットメニューをとる事で、血糖値の上昇を防ぎ、体重を落としていくということに狙いがあります。
炭水化物を控えて、低炭水化物ダイエットメニューを食べていけばよいわけですから、成功させるはあまり難しくないような気もしますが、とにかく炭水化物をとらなければ良いんだろうということで、ただやみくもに炭水化物を控えた食事メニューばかりを食べていると、脳でエネルギーとして使われる糖が不足しますから、考えがまとまらない、集中力が散漫になる、情緒不安定になる、頭痛がする等々、低炭水化物ダイエットのやりすぎによる症状が現れ、仕事や勉強にも大きく響き、日常生活に支障をきたす恐れがあります。
低炭水化物ダイエットには、最低限守るべきルールがあります。それらをきっちり守ったおさえたダイエット食事メニューで、安全で健康な低炭水化物ダイエットを行い、成功へ導いていきましょう。

低炭水化物ダイエットの効果的な、成功の為の食事メニュー

守らなければいけない最低限のルールがあると言いましたが、低炭水化物ダイエットのルールといっても、難しいものではありませんので、あまり構える必要はありません」ことはありません。しかし、安全に効果をあげ、ダイエットを成功させる為に、下記のこと全ては絶対に守って食事をし、このダイエットを実行してください。

1:低炭水化物メニューを、1日2食、毎日食べる。
2:「ご褒美食」を毎日1食べる。
3:「ご褒美食」は、必ず一時間以内で終わらせる。
4:アルコールは飲んでもよいが、「ご褒美食」の中で飲む。
5:間食はダメ

どうでしょうか?人によって間食無しなのがつらいぐらいでしょうか?では、「ご褒美食」について、次で説明します。

低炭水化物ダイエットのメニューにある「ご褒美食」とは

ご褒美は高炭水化物メニュー低炭水化物ダイエットをするにあたって、一日一回のご褒美食というのあるのですが、このご褒美食とは、「1日1回、1時間以内であれば好きなものを好きなだけ食べても良い」という食事メニューです。この「1時間以内」というのにも理由があります。それは、食事を始めてから75分から90分後位に分泌されるインスリンの量に関係していきます。このインスリンの分泌は、直前に食べた食事に含まれる炭水化物量で変わってきますから、このような時間制限を設けているのです。前項のルール説明でもあげましたが、ご褒美食中の1時間であればアルコールもOKです。
ただし、ご褒美食を食べ始める時は、野菜を使ったサラダ1~2カップから始めてください。その後にタンパク質、高炭水化物食品(甘いデザートOK)、低炭水化物野菜を1:1:1の割合で食べるようにします。特にお待ちかねの炭水化物は最後に食べるように心がけてください、これも血糖値を上げない為です。そして、必ず60分以内に食事を済ませるようにします。
以上、ご褒美食にもちょっとしたコツがありますが、これさえ守っておけば効果的なダイエットができ、短い期間でのダイエット成功が実現できるでしょう。

やり方・方法の基本は、2回の低炭水化物・1回のご褒美食メニュー

低炭水化物ダイエットのやり方・方法は、一日三回の食事のうち、二食を低炭水化物(補完食)メニューにするわけですが、朝昼夕のどの食事にしてもダイエットの成功には問題ありません。実際は、朝食と昼食を低炭水化物のメニューにしている方が多いようです。晩ご飯に好きな食事メニューを食べた方が無理が無く、ダイエット成功の確率も高いでしょうから、効果的なダイエットの実践には、ディナーをご褒美食とするのがおすすめです。
ただし、朝昼を低炭水化物、夜をご褒美メニューと一度決めてダイエットを始めたら、それは最後まで守るようにして下さい。

低炭水化物ダイエット、メニュー、レシピの例

ご褒美食は最初に野菜を食べさえすれば、あとは好きなもので良いのですが、「低炭水化物のメニュー」については、どういったものを使ってどういうレシピで料理すれば効果的なのか、なかなかつかめないかもしれません。というわけで、下記に低炭水化物ダイエットのメニュー・レシピ作りによさそうな食べ物を掲載しておきます。

低炭水化物のメニュー作りに良い食べ物: ソーセージ、オニオンチーズオムレツ 、トマト・きゅうり・キャベツ・セロリなどのサラダ類、卵、ブルーチーズ、チェダーチーズ、鶏の胸肉、ササミ、豆腐、納豆、赤身ベーコン、白身魚・・・等々。

低炭水化物のメニュー作りに良い食べ物: 紅茶やコーヒーを砂糖抜きで。

逆に、高炭水化物食品としては、スナック菓子、米、砂糖、パン、芋類、甘いデザート系のもがあげられます。基本的には、炭水化物を減らした分、たんぱく質をとるようにして下さい。また、低炭水化物ダイエットのメニューでご飯をいただくときは(通常は朝と昼)、お茶碗に少なめに1膳程度、パンの場合は8枚切り食パン1枚程度くらいに抑えてください。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017お役立ち!生活情報館All right reserved.
-気になる情報を掲載中です-