朝バナナダイエットの落とし穴

朝バナナダイエットを実践している人はたくさんいますが、朝バナナダイエットには重大な落とし穴があるという記事をはじめ、いくつかの批判記事が雑誌に載るようになりました。ここではそんな落とし穴を指摘している記事に対して、納得できない部分を説明しているとともに、同ダイエット方法の効果的なやり方などをおさらいしています。

朝バナナダイエットに落とし穴がある?その効果は本当か?

バナナの画像朝バナナダイエットには落とし穴があるという記事を最近見かけるようになりました。現在実践中に方も、この落とし穴が気になっている人がおおいのではないでしょうか?
さて、 この世の中には数え切れないくらいのダイエット方法がありますが、やり方が簡単でつらく無いことと確かな効果で人気なのが朝バナナダイエットです。このダイエット方法はmixiにおいてだいぶ前から口コミで広がっていたのですが、日本テレビの「おもいっきりイイ!!テレビ」や、TBSの「ドリームプレス社」で何度も取り上げられたことによって一躍メジャーなダイエット方法となり、一時期スーパーの店頭からバナナが消えてしまったことは記憶に新しいところです。最近は普通にバナナを購入することができるようになり、このダイエットのブームもひと段落といった感じかとおもったら、今度は韓国や中国にもその勢いは飛び火し、だんだん国際的なダイエット方法になってきました。
このブームの火付け役となった最も大きな要因は、なんといっても「ドリームプレス社」で森公美子さんが7キロの減量に成功したことでしょう。これが放送された翌日からバナナが店頭から消え、一時の納豆や寒天を思い出した方も多いでしょう。しかし、森公美子さんの体重は元々かなり多い為、放送終了後より、「普通のちょっと太っているくらいの人が実践してもあまり痩せないのでは?」といった声もありました。
そして最近、そんな朝バナナダイエットに落とし穴があると言う記事が、いくつかの雑誌などで見受けられるようになってきました。そこで書かれている朝バナナダイエットの落とし穴とは何か、それは正しい情報なのかを説明していきたいと思います。

週間ポストに掲載された朝バナナダイエットの落とし穴とは?

つまめるウエスト朝バナナダイエトの落とし穴をセンセーショナルに掲載したのは、2008年10月6日発売の週間ポストです。この記事では栄養学博士が色々とコメントをしています。まず問題としてあげたのは、バナナの9割は炭水化物であり、それだけの食事では脂質やたんぱく質が不足すると言う点です。バナナばかり食べてタンパク質が不足してくると、皮膚や粘膜の防御機能が弱まり、免疫機能が低下することによって、感染症にかかりやすくなるのだそうです。風邪ぐらいならまだ良いのですが、「発がん率が高まるといっても過言ではありません」と記事には書いてありました。
これを防ぐためにはどうしたら良いのかというと、この記事によれば、バナナ1本と目玉焼き2個の朝食とすれば、カロリーも低くいし、栄養のバランスも理想に近くなるのでおすすめなんだとか。
さらに同誌で紹介された落とし穴は他にもあります。朝バナナダイエットでは朝に食べるバナナを特に制限していませんが、バナナの食べすぎは「尿路結石」をまねく危険性があるのだと言うことです。これはバナナに含まれている「シュウ酸」が原因らしく、1日に3本以上を食べ続けると、激痛をともなう尿路結石のリスクがぐっと高まるんだとか。
これに便乗したのか、日刊ゲンダイでも「これは結局はカロリー制限」「リバウンドするのがオチ」「早く目を覚ましなさい」などと、落とし穴をあげつつ批判する記事を載せています。
さて、これら雑誌で紹介された朝バナナダイエットの落とし穴について、これを読んだあなたはどう思いましたか?

「朝バナナダイエットの落とし穴」なる記事は正しいか?

これだけ大流行した朝バナナダイエットですから、その効果を信じて、本を買ったり、やり方を一生懸命調べて実践している方も多いでしょう。それだけに、こういった落とし穴という記事には、少なからずショックもまた、たくさんいるに違いありません。しかしながら、この落とし穴という記事を読んで、この記事の方に疑問を持った方もまた多いのではないでしょうか?
まず、「バナナは炭水化物ばかりなので、タンパク質不足になり、免疫機能が低下する」といった、朝バナナダイエットの落とし穴ですが、そもそも朝バナナダイエットというのは、あくまでも「朝」にバナナを食べると言うもので、昼も夜もバナナばかりを食べるダイエット方法ではありませんから、この批判はまったく的外れなんじゃないでしょうか?同ダイエットでは、昼も夜も普通に食べることになっていますので、タンパク質は他の2食で摂ればよいわけです。朝ごはんを食べない人もたくさんいますけど、その人たちはどうなっちゃうんでしょうか?みんな癌になるんでしょうかね?
そして「朝バナナダイエットで尿路結石になる」という落とし穴についてですが、これは確かにその危険性はあります。でも、森公美子さんのように1日4本も食べる方はあまりいないでしょうし、要は1日2本以内に抑えておけば良いわけです。普通の方は朝にバナナ2本を食べれば十分満足でしょうから、あまり問題とならないのではないでしょうか?
私はジョギングでダイエットをして、体重を半年で10キロ落としましたから、正直なところ、あまりにも簡単なダイエット方法は認めたくないのですが、この批判記事にも無理があるように思えました。みなさんはどうお考えでしょうか?

効果的な朝バナナダイエットのやり方をおさらい

落とし穴について色々書いてきましたが、最後は朝バナナダイエットの効果的なやり方について、今一度おさらいをしておきましょう。

「朝食のバナナは2本までが安全。飲むのは常温の水」「水以外の飲み物は、朝食後15分経過してからとする」「おやつは食べても良いが、果物や和菓子が良い、体を冷やすものは避ける」「運動は必須ではないが取り入れたほうが良い」「夜8時までに夕食を終わらせ、12時までに寝る」

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017お役立ち!生活情報館All right reserved.
-気になる情報を掲載中です-